金の相場からわかるメリットとデメリット
定期的にチェックする金の相場
Menu

競馬で一着の馬の馬券を当てる買い方を単勝といいます。複勝は自分の買った馬が1~3着以内に入れば的中です。ただしそのレースが7頭以下で行われる場合は2着以内、4頭以下で行われる場合は複勝式の販売自体が行われません。
競馬の買い方の一つに「単勝ころがし」というものがあります。
ころがし、というのは前のレースで当てた配当金をすべて次のレースに注ぎ込むことです。例えば第1レースで単勝の馬券を1万円買って、2倍のオッズで的中した場合、手元の配当金は2万円になっています。これを全て次のレースの単勝馬券に注ぎ込む、ということを続けてゆきます。もしまたオッズが2倍で的中すれば4万円になるわけです。仮に全レースオッズが2倍としてころがしが成功した場合、10レースが終わった時には手元には1024万円がある計算になります。もちろんこんなに上手くいく訳はありませんが、ハイリスク・ハイリターンの方法として知られています。
実際に競馬をやる方で多いのは「複勝ころがし」の方だと思います。買った馬が1~3着に入ればよいのですから、当然ころがしが成功する確率も跳ね上がります。複勝のオッズは概して低いものですが、ころがしが成功すれば結構な額を配当金として得ることが出来ます。
JRAでは単勝と複勝をセットにした、応援馬券というものを販売しています。単勝と複勝で買うぐらいですから、その馬のファンが多いということで、馬券の馬名の上に「がんばれ!」という文字が入っています。