金の相場からわかるメリットとデメリット
定期的にチェックする金の相場
Menu

馬券の正式名称は「勝馬投票券」といいます。競馬の歴史の中で「やはりギャンブルはよくない」という時代があり、馬券の販売が一時禁止されていました。すると当然入場者数は激減し、開催者側の経営を圧迫します。そこで1912年に宮崎競馬場が入場券に勝ち馬を予想するための投票用紙をいくつかつけて、一着の馬に投票した人には景品を差し上げるとう方策をとったところ、これが大人気となり、あっというまに全国の競馬場に広まりました。これが勝馬投票券の始まりです。
その後競馬法が施行され、馬券の販売が再開されても勝馬投票権の名前だけは残りました。現在でも、競馬で投票するという言葉を使うのはこのためです。
現在中央競馬の投票方式の種類としては、単勝式、複勝式、枠番連勝複式、馬番連勝複式、馬番連勝単式、三連勝複式、三連勝単式、ワイド(拡大二連勝複式)があります。他に重賞式に属するWin5もありますが、これは競馬と宝くじをあわせたようなシステムです。
また、投票方法も窓口で購入するだけの時代から、現在では携帯電話、インターネットで投票することの出来る時代になりました。
中山競馬場や京都競馬場などには、座席に座ったまま競馬投票のできる「i-Seat」があります。これは専用のカードにあらかじめお金をチャージして座席に備えてあるタッチパネルで投票ができるシステムです。もちろんタッチパネルではオッズの確認やデータの参照なども行える優れたシステムです。